2016年9月30日金曜日

精麻をご存知ですか。vol001

手仕事専科で人気の工房に野州麻紙工房があります。
それは、大麻畑で収穫される大麻草から、作られる麻紙になります。
大森由久氏は、麻の生産農家でありながら、麻炭や精麻、おがら、そして麻紙を作られる一貫経営をなされています。栃木県の鹿沼(特に旧粟野町)は、麻の特産地です。全国の80%以上を生産しています。従来は、問屋があり、一手に精麻を買い上げて、市場に流通させていました。
大森氏は、日本麻協会の会長をされておられ、麻の復権と普及の活動をなされています。
手仕事専科のスタート時に県立博物館の元学芸部長であった柏村祐司先生から、ご紹介を得て、お取引ができました。
それまで、大麻草の知識は、殆どありませんでした。自宅の土蔵に麻の精麻があり、祖父から麻のことを聞いたくらいです。その頃は、麻の生産は、戦後のGHQの占領政策から一般農家では生産が禁止されていたものと思います。

麻の生産については、実に実に大変な作業です。
大森氏を初めとして、多くの方のご尽力でしょうか、精麻が、そして、精麻から作られる「波動の良い麻製品」が、ブームになりつつあります。
実に多くの商品が、お求めいただいております。
・大麻博物館  http://www.geocities.jp/hwfhb259/taimahakubutukann.html
・野州大麻   http://www.geocities.jp/hwfhb259/oonusa.html
・麻の葉工房    http://www.geocities.jp/hwfhb259/asanohakoubou.html

今回は、精麻が、できるまでの一部を画像にてご紹介いたします。


下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。