2015年5月28日木曜日

津軽の木工品・CHITOSE(千年)の紹介

この度、仕事専科にあらたに弘前市に4代になる木品製作所が加わります。
木村木品製作所といいますが、現在の社長、木村崇之氏とは、一昨年にビッグサイトのGIFTSHOWで知り合いました。
毎年、展示会に新しい商品開発で、丸一日を費やしていますが、その情報量の多さから、大変な一日になります。
津軽のことは、特に弘前の産業や産品には、愛着を感じておりますので、必ずそのブースを訪ねることになります。その時は、直接弘前の会社を訪ねる際にお取引の話をしようということで、挨拶のみでしたが、その商品開発と前向きさとに情熱を感じていました。
私の弘前にいた時は、平成7年からの7年間でしたが、実に多くの地を訪ねもし人にも会いました。
単身赴任先の「星と森のロマントピアそうま」では、地元の若いスタッフよりも青森のことを知っていたように思います。御客様のマイクロバス送迎や青森観光協会の視察やキャンペーンなど、そして、弘前五人会の会員にもさせていただきました。160人もの名士の方々が、会員となっている異業種交流会です。
 弘前市の千年(ちとせ)は、よく通る街でしたので、また、市のテニスコートがあり、いくどか、コートを使ったこともありました。
 木村木品製作所は、その千年の地にあります。
りんごの木の廃材ともいえる伐採した老木の木材を使った木工品の開発です。りんごは、アダムとイブの旧約聖書にも出てくる果物ですが、弘前には、いたるところにりんご畑が広がっています。実に市街地から一歩外に出ると遠く山裾まで、一面のりんご畑になります。
その畑には、老木となったりんごの木が、伐採されて、薪として積まれています。実に太くて節があり、永年の風雪を思い起こさせるような風合いの太い薪です。
 りんごの木の木目色は、少し、茶色がかった色で、節々から、木目が面白くついています。しかし、その反面素姓の良い木材とは言えません。その加工が、面倒になるといいます。
 私は、当初、それほどその製品は、評価をしておりませんでしたが、その、木村氏の想いを知ることで、惚れこんでしまいました。
その節々の面白さもりんごの木ならではと感じています。
商品をいくつかご紹介いたします。
来月上旬には、仕事専科木村木品製作所として、アップいたします。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。


 

2015年5月22日金曜日

雄勝硯(おがつすずり)の紹介

先頃、仙台に伺いましたが、雄勝硯(おかつすずり)の伝統工芸士の山崎勝さんをたずねました。
先の2011.03.11の東日本大震災で、雄勝硯の石巻は、壊滅状態となりました。それは、無残な姿です。
この度訪ねた山崎さんは、奥様を津波で亡くされて、仙台の娘さん宅の近くに身を寄せておいででした。
幸い、娘さんの敷地内にある作業小屋をお借りして、硯の製作を継続されています。
昨年の夏に伊勢丹新宿店の東北展を訪ねた際に山崎さんと知り合いました。
それまで、雄勝硯の名前は聞いたことがありましたが、詳しくは知らずにおりましたので、今回訪ねることで、詳しく知ることになりました。
 お話の結果、仕事専科のWebciteで掲載することになりました。
震災から、すでに4年が経過しましたが、いたるところに爪痕が残り、雄勝硯の復活は、先になるでしょうか。デパート等の実演販売で、関西地区にまで足を延ばしておいででしたが、年齢的にもまた、需要の減少から、最近は、企画展には、参加していないといいます。
その点、仕事専科Webciteの紹介と販売は、経費がゼロですので、参加しやすいでしょう。
山崎さんの想いを現在作成している「雄勝硯|開和堂硯舗」で、5月中には、ご紹介いたします。

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。